当社の保護チームは50年以上に渡って地元の海岸からアザラシの子どもを保護し、リハビリを行ってきました。このチームは「子アザラシの保護シーズン」(通常は9月から3月)の間、アザラシの子供が完全に回復して野生に帰れるよう、24時間体制でケアを行っています。保護チームのメンバーたちはこの素晴らしい生き物の心温まる話とその世界への独自の見識を披露することで、Sanctuariesへの来場者の人生を豊かにしています。

面白い 話

  • グウィークに住むアザラシのレイは自分の facebook ページを持っています

  • マーリンは SEA LIFE Trustとの協力で世界初のシロイルカの保護区を設立しました

  • 各地のSEA LIFE Sancturiesでは、最も忙しい年を過ごしました

  • 昨年は80頭以上のアザラシの子どもを保護しました

ここで 働く人たち

SEA LIFE sancturies では様々な人々が働いていますが、私たちのハッピーなチームに最も溶け込めるのは心の広い人たちです。